Graph500

「2位じゃダメなんでしょうか?」のフレーズで有名になったスパコンの性能の世界ランキングが,毎年6月と11月の2回,HPC関連の国際会議で発表されています.

今年6月の発表では,すべて中国製の「Sunway TaifuLight」がTop500で首位となったことが話題になっています.
このTop500は線形代数の計算を競うものなので,物量勝負なランキングになっています.

その一方で,グラフの幅優先探索というビッグデータ向きのランキングとしてGraph500があり,そこでは日本の「京」が三期連続で世界一となっています.
こちらはアルゴリズム開発も含めたトータルな技術力が必要になってきます.
上の理研のリンクで紹介されている九州大学の藤澤先生は,京大時代に在籍していた研究室の前任の助手だった方です.
現在,避難計画問題で共同研究を行っていて,開発された最速フローのソフトを瀬尾君の卒論などに使わせてもらっています.

ClcbyIHWMAAX4CY.jpg large

ただ最新のランキングを見ると,前述したSunway TaifuLightが初登場でいきなり2位になっており,マシンのスペックも高いので,次はより成績を上げてくる可能性があります.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com