ローマに行ってきました

eCAADe2017の国際会議で,先週ローマに行ってきました.
今回のネタは,深層学習と深度情報付き全方位画像を使った新しい3次元空間分析手法の提案です.

当初はKLMでアムステルダム経由だったのですが,機材が遅れてFinnairになりました.
(その後,23日にKLMの同便の部品が大阪市内で落下して大変だったようで,トラブルが続きますね)
そのFinnairも,関空での給油トラブルで1時間以上遅れてヘルシンキでの乗り継ぎ時間が短かったせいか,ローマで初めてスーツケースがlost baggageになりました.
さらに,宿泊途中で他のホテルに回されたりと,今回は結構散々な目に遭いました.
(ホテルが途中で変わるのは,他の日本人参加者もそうだったとのことで,ローマでは割とあるのかもしれません)

ヘルシンキ空港で見た,量産機としては世界最大の輸送機 An-124ルスラーン

ローマ近くの海上の上空で見た人の横顔のような雲

会場のSapienza大学とその周辺(コロッセオのすぐ横です)
 

バンケットの会場(Palazzo Brancaccio
中央は福田知弘先生(阪大),右は楢原太郎先生(ニュージャージー工科大学)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com