川岸君が都市防災研究シンポジウムで発表しました

先日行われた,第4回大阪市立大学都市防災研究シンポジウムで,M1の川岸君が「大地震時を想定した大阪市からの一斉徒歩帰宅シミュレーション」について研究発表を行いました.

内容は,南海トラフに起因する大地震時の徒歩帰宅者の大規模なエージェント・シミュレーションで,特に淀川以北へ向かう帰宅者への混雑の影響が大きいことを示しました.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com