超高速グラフ列挙アルゴリズム-〈フカシギの数え方〉が拓く,組合せ問題への新アプローチ-

列挙アルゴリズムの研究でお世話になった,北大の湊プロジェクトの活動を纏めた本が4/8に出版されます.
予約が好調で発売前なのに増刷が決定するという,専門書としては異例の事態になっているそうです.
私たちのフロアプラン列挙と避難所割当の研究についても,本書の8章で紹介してもらっています.

51gSxnMne0L

ちなみに以下の動画は,以前ご紹介したこのプロジェクトから生まれた有名な動画です.

Tak

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com