メンバー

准教授

瀧澤 重志 (Atsushi TAKIZAWA)

2017年度

前期博士課程2年
山本 遼:梅田地下街の避難場所の分割アルゴリズムの開発

前期博士課程1年
川岸 裕(都市):大規模地震時の大阪市における徒歩帰宅シミュレーション

学部4年
尾形 剛志(建築)
宮向 将吾(建築)
上田 健之祐(都市)
土井 亜香里(都市)

2016年度

前期博士課程1年
山本 遼:梅田地下街の避難場所の分割アルゴリズムの開発

学部4年
川岸 裕(都市):大規模地震時の大阪市における徒歩帰宅シミュレーション
川原 愛里(建築):ゲームエンジンと深層学習を基盤とする一人称視点型3次元空間分析手法の開発と検証
福山 怜那(建築):東京都主要5区のオフィスエリアの空間クラスタリング (平成28年度建築学科賞(論文部門))

学部3年(卒業研究早期準備制度)
土井 亜香里(都市)

2015年度

前期博士課程2年
高木 尚哉 :カメラ映像を用いた地下街歩行者の交通量の推定方法

学部
森藤 好大 (都市):シミュレーョンと統計モデルの併用による梅田地下街避難時間推定方法
山本 遼 (都市):制約考慮型ネットワークボロノイ図を用いた梅田地下街における避難計画モデルの研究
髙瀬 友希(建築):Visual Programing環境下で太陽光発電量、反射光による影響等を考慮した太陽光パネルの最適配置に関する研究

2014年度

前期博士課程1年
高木 尚哉 :カメラ映像を用いた地下街歩行者の交通量の推定方法

学部
瀬尾 智也(都市):梅田地下街における最速避難モデル適用に関する研究

2013年度

博士前期課程2年
春田 昌也:フラクタル図形を用いた平行光の拡散に関する研究
土方 宙史:斜角錐形天窓採光システムによる室内の光環境の分析

学部
高木 尚哉(都市):カメラ映像を用いた地下街歩行者の分布推定方法に関する研究

就職・進学先

LIXIL,長谷工コーポレーション
オージス総研,ジェイアール西日本コンサルタンツ,京都市役所,
遠藤照明,森村設計,西松建設
大阪市大大学院

※2000~2012年度までの旧鈴木広隆研究室の卒業生・修了生はこちら

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com